呆然とする前に

とっておきのブラジル&スイス物語 > くらし > 呆然とする前に

呆然とする前に

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:くらし

パソコンの前で、いつも上がったり下がったりしている為替レートを見ていると直ちに注文をしなくてはいけないという衝動に追い立てられる場面も多いです。

 

だが、漠然とした思いつきで注文するのは決してしてはいけません。

 

事実、相場は終日、常時いずれかの国で為替相場はやっているし、為替相場もどういう時でも、動いています。

 

しかし、だからといって闇雲に注文を繰り返しているとその分だけ損失が生じる確率が上がります。

 

もちろん、取引の回数を経験することによってトータルで勝利する確率が半々になっていきます。

 

しかしこれは「なんとなく直感で売買」してしまうこととは別問題です。

 

売買回数を積むというのは自ら「ここは!」と考える勝機を持った状況での売り買いの回数を重ねるという事です。

http://rental-hakama.net/

ただ何となく、休む間もなくエントリーを積むのとは明確に違う。

 

為替相場の戦いに負けないためにはあなたが考えてけじめをつけることこそが大事です。

 

「ここはいける」と感じた相場の時には覚悟を決めて持っているポジションを買い増して集中して利益を追求する。

 

「ちょっと分かりにくい外国為替市場でどう推移するのかわからないな」と思った時はいっそのこと売買ポジションをひとつも残さないでクローズして何もしない。

 

このぐらいのリズムをつけた方が、最終的に売り買いはうまくいきます。

 

為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

本当に言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とは、いつでもポジションを持っていることが大事ではなくどのポジションも所持せず何もしないことも時には必要です。

 

では、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述の通り、最近の外国為替相場が明確に難しいときです。

 

ここからドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時は思いつきで行動すると、作った脚本とは逆に為替相場が動いてしまい、損失を被ることになる。

 

こういう場面ではポジションを減らして何もしないで静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

もうひとつは、体の具合が変なときです。

 

体の状態と相場に関係がない感じる人もいますが実は意外に影響します。

 

コンディションが悪い時は、外国為替市場のミスできない場面で落ち着いた決定が出来ない場合が多くなります。

 

気乗りがしない時は取引から離れてみるのも重要な事です。

 



関連記事

呆然とする前に

呆然とする前に

2014年11月 8日(土曜日)

今話題の塩レモン

今話題の塩レモン

2014年7月 5日(土曜日)